1. HOME
  2. 月の都の歴史
  3. 構成文化財群
  4. 戸倉上山田温泉 笹屋ホテル別荘 (豊年蟲)

戸倉上山田温泉とぐらかみやまだおんせん 笹屋ささやホテル別荘 (豊年蟲 ほうねんむし)
国一登録有形文化財

戸倉上山田温泉とぐらかみやまだおんせん 笹屋ささやホテル別荘 (豊年蟲 ほうねんむし)
国一登録有形文化財

今に生きる「月見の地」新たな場所

温泉は明治元年に千曲川の河原で発見され、明治26年戸倉温泉、明治36年上山田温泉が開湯した。
総称して戸倉上山田温泉と呼ぶ。
笹屋ホテルには、志賀直哉をはじめ多くの文人・墨客が滞在した。
昭和7年、建築家・遠藤 新えんどう あらたが設計した近代和風旅館建築の先駆けとなった建物である。今でも宿泊することができる。
温泉で旅の疲れを癒し、 郷土料理を楽しむことができる。姨捨の夜景ツアーも利用できる。

アクセス