1. HOME
  2. 月の都の歴史
  3. 日本遺産 構成文化財群
  4. 姨捨の棚田

姨捨おばすて棚田たなだ
国の名勝・重要文化的景観

≪ 先人の暮らしの知恵 姨捨の棚田≫ 所在地:八幡・羽尾
戦国時代には一部に沢水を使った水田が拓かれ、水面に映る月影が「田毎たごとつき」と呼ばれた。斜面全面に水田が拓かれたのは、江戸時代の初めにため池が造られ、農業用水が確保されてからのことである。
重要文化的景観選定地64.3haのうち、棚田は40ha、約1,500枚の大小の棚田がある。

アクセス