1. HOME
  2. 月の都の歴史
  3. 日本遺産 構成文化財群
  4. 千曲川のハヤのつけ場漁

千曲川ちくまがわのハヤのつけ場漁ばりょう
無形民俗文化財(未指定)

千曲川ちくまがわのハヤのつけ場漁ばりょう
無形民俗文化財(未指定)

≪ 今に生きる「月見の地」新たな場所 ≫ 所在地:市内
江戸時代から、千曲川中流域での漁法「つけ場」である。獲った「赤魚」(ハヤ)の塩焼き・天ぷらなどを河原の季節小屋で食べるのは、野趣あふれる千曲川の恵みの一つ。毎年4月下旬~6月初めに、千曲川の河原で営業。

アクセス