1. HOME
  2. 月の都の歴史
  3. 日本遺産 構成文化財群
  4. 歌川広重作 浮世絵

歌川広重うたがわひろしげ作 浮世絵
信濃更科田毎月鏡台山しなのさらしなたごとのつききょうだいさん
有形文化財(未指定)

≪ 古人の「遊び心」浮世絵 ≫ 所在地:千曲市歴史文化財センター保管
『六十余州名所図会』所収の「信濃更科田毎月鏡台山」の浮世絵。全ての水田に丸く月を描き、「田毎の月」を見事にイメージ化した。まさに浮世絵師広重の技、遊び心である。
この作品は、広重晩年(1850年代)江戸時代幕末頃の作品で、広く「田毎の月」が知られることになった。