1. HOME
  2. 月の都の歴史
  3. 日本遺産 構成文化財群
  4. 東山道の支道

東山道とうさんどう支道しどう
史跡(未指定)

≪ 今に生きる「月見の地」伝統的な地 ≫ 所在地:千曲川左岸
古代に設けられた東山道とうさんどうと北陸道を結ぶ支道。冠着山かむりきやまの支尾根を越え、本市を通り、善光寺平を経て北陸道へとつながる。
この道を歩いた都人により、「姨捨山おばすてやまに照る月・・・」が詠まれ、月の名所として広く知られるようになったと考えられている。

アクセス