1. HOME
  2. 月の都の歴史
  3. 日本遺産 構成文化財群
  4. 武水別神社の頭人行事(大頭祭)

武水別神社たけみずわけじんじゃ頭人とうにん行事(大頭祭だいとうさい
国の記録選択

武水別神社たけみずわけじんじゃ頭人とうにん行事(大頭祭だいとうさい
国の記録選択

≪ 先人の暮らしの知恵 月に関わる信仰 ≫ 所在地:八幡
毎年12月10日から15日に新穀を神前に供える祭で、400年以上毎年欠かすことなく行われてきた。武水別神社の氏子は、旧3か村21集落、現八幡・更級・五加地区の人びとで構成されている。その中には姨捨の棚田地域の耕作者も含まれており、水利組織と祭祀圏が重層的に結び付き、地域の絆を育んでいる。
※記録選択=1986年、「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に選択された無形民俗文化財。

アクセス