1. HOME
  2. 構成文化財群
  3. 鏡台山

鏡台山きょうだいさん
名勝(未指定)

今に生きる「月見の地」伝統的な地

千曲川右岸にある標高1,269mの山。
中秋の満月が山頂付近より昇ることから、山名の由来となった。
江戸時代になって、鏡台山きょうだいさんから昇る月を松尾芭蕉が俳句に詠み、歌川広重が浮世絵に描いた。

アクセス