1. HOME
  2. 構成文化財群
  3. 冠着山(姨捨山)

冠着山かむりきやま姨捨山おばすてやま
史跡(未指定)

今に生きる「月見の地」伝統的な地

千曲川左岸にある標高1,252mの山。
古くは姨捨山と呼ばれ、「更級の姨捨山に照る月・・・」と和歌に詠まれた都人の憧れの月の名所であった。
江戸時代に、山頂に冠着神社(月読尊つくよみのみこと)が祀られ、冠着山と呼ばれるようになった。

アクセス