1. HOME
  2. 構成文化財群
  3. 冠着神社と遥拝所

冠着神社かむりきじんじゃ遥拝所ようはいじょ
有形文化財・史跡

古人の暮らしの知恵 月に関わる信仰

宝暦ほうれき4年(1754)に山頂に社殿が建てられ、月読尊つくよみのみことが祀られた。
今でも麓の人びとによって毎年7月下旬に祭事が行われている。
明治になって、冠着山が姨捨山だという議論の中で、明治26年(1893)に、麓の羽尾はねお地区に遥拝所が建てられた。明治27年には、商都稲荷山の表通りにも冠着神社遥拝所の石碑が設置された。

アクセス