1. HOME
  2. 投稿
  3. ブログ
  4. ⑥当時を今に伝える馬塚

⑥当時を今に伝える馬塚

猿ヶ馬場峠に村境碑を設置するまではこの馬塚が村境でした。昔は農林業で生計を立てていたことから紛争解決のため幕府にまで土地の裁定を仰ぐこととなりました、幕府裁定の結果が山論裁許状として現代に残っています。現代は山林を生活基盤としない時代、隔世の感があります。馬塚碑の後ろの杉は平成25年切り倒され中原神社の社殿に生まれ変わっております。

責任者 川西地区振興連絡協議会 山口盛男

猿ヶ馬場峠解説ー1

関連記事