1. HOME
  2. 月の都の歴史
  3. 構成文化財群
  4. おしぼりうどん

おしぼりうどん
県一選択無形民俗文化財

おしぼりうどん
県一選択無形民俗文化財

今に生きる「月見の地」新たな場所

白い「さらしな蕎麦」は、白く清涼さをイメージし、「さらしな」の地名から名付けられたと言われている。
市域では蕎麦も食べられるが、二毛作が行われていたので小麦のうどんやおやきの方がよく食べられ、今ではおやき専門店もある。
大根のしぼり汁で食べる「おしぼり蕎麦・うどん」は、心地よい辛味がたまらない当地域限定の一品。